労働者階級とブランド品の関係性

日本ほど高級ブランドを多くの人が持っている国はほかにないと言えます。ヨーロッパなどでは貴族や富裕層しかブランド品を持たず、労働者階級の人々は身分不相応としてこうしたファッションアイテムを身につけることはありません。 日本人はそう言う意味では身分や格差がはっきりとはなく、誰もがお金を貯めれば一定のブランド品が買えてしまうのです。 そのため一般人向けのファッション雑誌などにもブランドの人気ランキングが発表されたり、ネット上でも一般大衆向けに人気のブランドランキングが頻繁に掲載されているのです。 人気ランキングの上位は常にイタリアやフランスの高級老舗メゾンのブランドが常に君臨しており、日本人のヨーロッパの貴族や富裕層へのあこがれが顕著にあらわれているのです。こうした老舗メゾンのものはオートクチュールコレクションにも常にコレクションが発表されており、非常にスタイリッシュで洗練されたデザインであり、日本人がこれらのアイテムを用いることで日本人のファッションセンスが飛躍的に向上したのです。