保証書の本当の活かし方

保証書つまりギャランティカードは、正規販売店で販売されているブランド品を購入した場合に付いてきます。殆どのブランド品に付属していますが、元々保証書のないブランドや、正規品でも並行輸入品の場合には保証書なしの場合も多いです。時計などメンテナンスが重要なものは、基本的に付属しています。 修理を依頼する際などに必要になるので、万一に備え手元に保管しておきます。中古品店に買取ってもらう場合にも、外箱や保存袋と併せて、保証書がある場合は一緒にも持ち込むと、買取価格に反映してもらえます。一部のブランドでは、商品と保証書のシリアル番号の一致を確認できなければ、買取ってもらえないこともあるので注意が必要です。 保証書だけが正規品、本物であることを証明するものではありませんが、信頼できる仕入れルートを持った店舗を選んで購入すると失敗がありません。流通ルートについての問い合わせに丁寧に、正確な情報で対応している店舗は信頼できます。